期待に不安が入り混じったもの【コラム・丈】

    こんにちは、キャストの丈です。

    以前、物語に関する仕事をしている時、調べごとをしていて次の言葉に出会いました。

    《Drama is anticipation mingled with uncertainty》
    直訳:ドラマとは不確実性に取り巻かれた期待だ
    意訳:ドラマとは期待に不安が入り混じったもの
    イギリスの劇作家ウィリアム・アーチャーの言葉です。

    小説・映画・アニメ・漫画・ドラマ・ゲーム、なんであれ、僕が面白いと感じる物語は、
    「この先どうなるんだろう?」
    とワクワクする期待や
    「最後はどうなってしまうんだろう?」
    というハラハラと不安が絶妙に入り混じり、僕の心をぐっと掴んでくるものが多いです。
    まさに先程の言葉の通りです。

    この言葉の”ドラマ”の部分は”SM”に変えてもいいような気がします。
    “SMとは期待に不安が入り混じったもの”
    これはどうでしょうか。

    例えば、プレイ中にふと楽しそうな笑顔で「お尻ってなんのためにあると思う?」と相手に問われたとしたら…。

    相手の笑顔からなんとなく楽しそうな雰囲気を感じつつも、
    曖昧な質問の意図が読み取れず戸惑い
    自分好みのプレイを一瞬期待したり
    何をされるのかわからない不安を感じたり…。

    期待だけでもなく、不安だけでもなく、入り混じっていてドキドキする。
    これこそSMの醍醐味ではないでしょうか?

    SMをすることは、2人で物語を作ることに似ているかもしれません。

    それではまた。

    関連記事

    PAGE TOP