Lotusの門を叩いた理由【コラム・樹】

    こんにちは。樹です。

    この度、Lotusへ研修生として加入させていただきました!
    応募の段階で、多くの方が断られてしまうとのことなので、まず加入させて頂けたことを嬉しく思います。

    今回は、なぜ僕がLotusへ応募に至ったかをご紹介します。
    正直、自分がSかMか、あまり分かりませんでした。というのも、僕は相手が満足するかどうかに重きを置いていて、自分がどうしたいかなんて考えたことがなかったからです。そのため、相手の要望に応えるばかりで、自分の性癖について、何も気にしておりませんでした。

    しかし、僕が好きな映像作品、小説、思想について考えみたり、他人を抜きにして自分がしたいことを考えてみたりすると、僕はサディズム寄りだと思います。しかし、自分のS性によって、相手が喜ぶかどうか分からなかったため、ずっとこの気持ちは封印しておりました。なんの気無しに自分の考えを発言したり、実行したりすると、相手に引かれてしまったり、不快に思われたりすると考えたからです。特に、自分は自分のことを顔や性格の明るさだけで判断されてしまうことが多かったため、その相手のイメージを崩して嫌われることが嫌だったのです。

    色々悩んで、SMの掲示板など見たこともありますが、相手のことを考えない自己中心的なSの男性を多く見かけ、SMってこんな世界なのかな、と幻滅しておりました。そんな折に、たまたまLotusというお店をTwitterで知りました。

    お店のHPを見て、オーナーの考えに触れて、自分の理想のSMを見つけたことを嬉しく思いました。相手が喜ぶことが前提で、自分のS性も解放できる。そんな素敵なことがあるのか?もし、そんな素敵なことが出来るなら、自分の人生は豊かになると思い、応募に至りました。

    尊敬できる先輩方が多くいるこのお店で、どんどん新しいことを学べたり、チャレンジできる機会を貰えることが楽しみでならないです。
    オーナーが厳しいというのも、お店のことを真剣に考えているからだと思うので、僕からすると非常に安心できる要素です。皆様が安心してキャストを選べるよう、僕もデビューに向けて精進していきたいと思います。

    よろしくお願い致します。

    PAGE TOP